Author Archives: kusukko

ペットのためには必ず適切なペット保険に加入することが重要です

b8ff0b0f15d2369fef366b7a49631d18_s

現在ではペットは家族同然にもなっていますので、家族の一員として考えることが大切になっています。
ペットは生活を一緒に過ごす家族ですので、普段から健康のことも考えてあげる必要があります。

ですが、いくらペットの健康のことを考えるようにしていても、ペットがケガをしてしまうこともありますし、病気になってしまうこともあります。
そのような時に活躍してくれるのが、ペット保険です。
ペット保険に加入することで、ペットがケガや病気をしてしまった時の負担を少なくすることが出来ます。

またペット保険のことを知らない方で、色々と料金のことが不安な方は、アイペット ペット保険うちの子ライトを利用すると良いでしょう。
アイペット ペット保険うちの子ライトの最大の魅力は、保険料が安いということです。
WEBを利用してペット保険に加入するようにしますと、月々は890円から利用することが出来ますので、非常に安価にペット保険を利用することが出来ます。
対象の動物は犬と猫ですので、その部分には注意しておきましょう。

ペッツベストのペット医療保険は、医療費用の80%を補償となっていますが、その他に大きなメリットがあります。
1日の事故や傷病でしたら、保険金額内の金額ですと補償金額に限度額がありませんので、安心して利用することが出来ます。
入院や通院に関しても、保険金額内であれば回収制限もありませんので、しっかりとペットたちの治療をすることが出来ます。
高齢のペットを飼っている方に関しては、ペッツベストのペット医療保険は16歳まで加入することが出来ますので安心です。

ペットメディカルサポート ペットの医療保険 PS保険は、診療費の50%を支払ってもらうプラント100%を支払ってもらうプランがあるのが魅力です。
通院や入院や手術の多岐に渡って保険を利用出来るのも大きな魅力です。
また、ペット用の車イスやペットたちの火葬に掛かる費用も特約として保険で利用出来るのが特徴となっています。
ペットメディカルサポートも、加入の対象は犬と猫となっています。

12 10月 2016

ペッツベストのペット医療保険は3つの安心ポイントがありおすすめです!

-shared-img-thumb-N825_wankoperori_TP_V

ご家庭で飼っているペット。
最近では、動物も長生きをする時代になりました。それは、生活する環境が良くなったのと、食べ物の栄養バランスなどが良くなったせいではないでしょうか。
しかし、寿命は長くなっても、昔と比べると病気などになる可能性も増加しています。病気や、怪我など、必ずしも安心出来る世の中ではなくなったのです。
そこで、大切な家族の一員でもあるペットも保険加入を考えてみてはいかがでしょうか。

人間と比べると、保険がきかないペットは医療費も高くなります。急な病気などで通院する場合の医療費はバカには出来ないくらいの金額になることもあります。しかし、払えないからと言ってペットを見捨てることが出来るでしょうか。いつかのための安心を、しっかりとした備えがペットにもあれば飼い主さんも安心です。

今日、ご紹介するのは、「楽天の保険 2012年ランキング」で一位を獲得したペッツベストです。
ペッツベストの3つの安心保険です。

1つは、医療費の80%を補償してくれます。先ほども申し上げた通り、医療費は高いが常識です。その80%が補償されれば、飼い主としては安心尚且心強いはずです。

そして、2つ目は、獣医師が作った安心感です。動物の病気や怪我のスペシャリストである獣医師が、ペットやその家族の為に作ったとなれば安心です。その現場を一番理解しているのは、獣医師の方々ですから。

最後に、3つ目は、入院、通院、手術の回数制限なし、一日の限度額なし。一度で手術が終わればまだ安心ですが、病気や怪我によっては何度も手術、入院をしなければいけません。手術後も通院をしなければいけないことも多いかと思います、しっかり完治するためには制限なしの方が安心ですから。これも飼い主さんに優しい保険です。

その他、こちらの保険はプランが3つあります。病気や怪我にがっちり備えるファーストプラン、病気な怪我に備えるお手頃プランベーシックプラン、突然の怪我に備えるアクシデントプランです。

また高齢のペットでも安心して加入出来ます。こちらの保険は、16歳まで加入が可能です。

これらが、ペッツベストのペット医療保険の魅力です。是非この機会に、多くの人に支持を得たペッツベストのペット医療保険に加入してみてはいかがでしょう。

09 1月 2016

アジソン病

アジソン病(副腎皮質機能低下症)は、
クッシング症候群とは逆に、副腎皮質ホルモンの分泌が不十分なためにおこる病気です。

症状
アジソン病は、急性と慢性とに分かれます。
慢性のものは、食欲が落ちる、元気がなくなる、吐いたり下痢したりといった消化器症状や、
筋力や体重が落ちるといった症状が見られます。
また、水をたくさん飲む、尿の量が増えるといった症状が現れることもあります。
急性のものは、突然ふらついて倒れたり、激しいショック状態を起こし
迅速に治療をしなければ命に関わります。

原因
アジソン病は、副腎皮質からのホルモンが十分に分泌されないことで起こります。
副腎そのものが委縮したり、腫瘍や薬剤などで破壊されたりして起こる場合と、
副腎皮質に指令を与える視床下部や下垂体に異常があって起こる場合があります。
また、長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)治療を突然やめた場合に起こることもあります。
ストレスを強く感じたときに発症しやすいとも言われています。

治療
急性の症状が現れた場合は、ショック状態の改善のため緊急治療が必要です。
生理食塩水(0.9%の食塩水)や副腎皮質ホルモンの静脈投与が行われます。
急性からの回復後や慢性の場合は、副腎皮質の一種で塩類と水のバランスを調節する薬を
一生投与することになります。
医原性のものは、自分で副腎皮質ホルモンをつくれるようになれば、投薬が不要となる場合もあります。

予防
予防は難しいので、早期発見・早期治療が大切です。

★かかりやすい犬種★
ビーグルやスタンダード・プードル、コリー、グレート・デーン、ロットワイラー、
ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどの犬種がかかりやすいようです。
若齢から中高齢のメス犬に特に多く見られ、平均発症年齢は4歳です。

14 10月 2013